どんなことしてるのかな?

☆★☆★☆

 

 
かって、長い旅に出たことがある。
 自転車でキャンプしながらアメリカ人14名と共に3ケ月かけて合衆国を西から東へ横断したのを皮切りに、その後も一人で、カナダを走り、ミシシッピ川沿いに北から南へ縦断し、さらに、メキシコを抜け中米のパナマ海峡まで16,000Kmを走破した。
 その後、バックパックを背負い、南米・アメリカ・ヨーロッパ・アフリカ・中近東・インド・アジアへと旅を続けた。
 その長い3年間の旅路では語り尽くせない感動と浪漫に出会った。
 帰国後、これらの体験をこれから旅立つ人々に役立てよう、と一人で昭和59年10月小さな旅行社を始めた。当初は電話と郵便が主たる通信手段であった。やがて、ファックスやワープロ、そしてパソコンが急速に普及し始め、携帯電話も一般的となり、それまでとは比較にならない速度で情報やコミュニケーションがとれる世の中へと様変わりしていった。最近では、スマホが如意棒のごとく大活躍して人間社会をすっかり様変わりさせてしまった。
 そして時が過ぎ、思い出してみれば、多くの旅人が世界中へ羽ばたいていった。彼らにとって、その旅は自身の人生にどのように影響したのであろうか? と、ふと想う次第である。

 昨年末(平成29年)で旅行業務は一旦お休みさせて頂いております。
 現在は、今年2月よりパート勤務で日本に来ている留学生達のお世話をいたしております。刺激を逆にいっぱい受けながら楽しく過ごしております。
                          平成30年11月吉日




  
☆著書
    そして又旅の空(旅行記)
  鉱脈社 刊


国境の風 遥か(世界の旅エッセイ) P press刊


ホームへ